土日休みの仕事を求める薬剤師は?

薬剤師の職場と言っても職種によって違いも出て来ます。

 

調剤薬局など病院関係で働く薬剤師には、
調剤業務であり服薬指導もあり、薬暦管理などの職が待っています。

調剤薬局で働く場合には、
処方箋に従っての調剤から患者さんへ服薬指導が主な仕事と言って良いのでしょう。

 

 

そして調剤薬局内でのキャリアアップを目指すには、
管理薬剤師の立場になれることに始まります。

 

 

この立場になると、
一般業務と共に医薬品の在庫管理でありレセプト管理と言う働く場が待っています。

 

 

この調剤薬局で働くメリットは、
病院が土日休みであれば調剤薬局も一緒に休むことが出来ます。

 

 

一般的に祭日とか国民の休日が休みになることが多く、
会社勤めの人たちと同様な生活を送ることが出来るのです。

 

 

残業も希なことから、
比較的自由な時間も多く取れることが出来る職業のひとつに挙げられます。

 

 

 

更には転勤や移動もなく、1ヵ所に勤めることが出来る大きなメリットもありますが、逆に働く刺激がなくなってしまったり、

少人数の社会になりがちで人間関係を作ることが難しい時もあります。

 

 

調剤薬局の中での薬剤師の仕事内容を考えると、
安定性を求める人に向いていると言われます。

 

 

パートタイムやアルバイトで働く時などで働く人も多いことから、
土日休みになること特別なことではなくなっているのです。

 

 

調剤士は、薬を扱うことで患者さんの命に関わることにもなります。
ですからいつも正確な仕事で責任感も求められるのです。

 

 

転職を真剣にお考えなら薬剤師求人サイトの利用がおすすめですが、
多くのサイトがあり選ぶには薬剤師求人ランキングを参考にすることがおすすめです。