理学療法士の転職でのメリットデメリット

理学療法士として働くことは、身体に障害を抱えた人、高齢者などの身体の機能の低下により生活が困難な方などに対して運動能力を少しでも回復させるためのサポートをすることが主な仕事になります。

少子高齢化によって需要が高まっている職種ではありますが、職場環境、収入面、人間関係により転職を希望する方もいるでしょう。

転職をする場合のメリットとしては、需要が高まっていることから働く職場も増えているという点です。また、転職のために理学療法士に関しての求人などに関して転職サイトや専門誌などの媒体などを利用した広告などいろいろと情報をチェックすることができる点です。

現状で働いている職場では不満がある、自分の目的や目標ができそれをするためには、別の職場に移る必要があるなど人によって理由はさまざまですが、行動することにより状況の変化、生活や仕事に関して好転する可能性があるため、理学療法士として介護施設、デイサービス、訪問リハビリなどさまざまな領域の中から自分で選択をしてみることが大切です。

デメリットとしては、収入面において低い傾向にあることです。やりがいのある仕事であり、需要の高まっていることは事実ですが、収入に関してはそれほど高くないという点はデメリットといえるでしょう。
参考:理学療法士の転職大阪
そのため、生活などに関して実家暮らし、家庭を持つ、一人暮らしなど人によって違いはありますが、生活を成り立たせるように働くということも大切です。