最近は女性のための職場も確立されてきている

時代とともに変化した女性の仕事への意識

長引く不景気によって日本では非正規雇用が増加しており、女性の仕事選びの方法が変わってきています。

従来、女性は若い頃に仕事をしても、いずれは結婚して専業主婦になることを考えていました。バブル経済が崩壊して就職氷河期が続いていた頃は、女性はやりたい仕事ができないで、働けるところで働いていました。

仕事は腰掛けで、何年かしたら結婚し、家庭に入って専業主婦として暮らすという前提のもとの行動でした。最近では、経済情勢の低迷が関わっていることもあり、正社員で働く人の割合が減少しています。最近では、正社員として働くことを諦めて、パートやアルバイトのままで暮らしている人が増加しています。正社員では無いので給料は上がらず、昇進も出来ず、企業の都合で急な解雇や契約終了が話題となりました。

男性の仕事も決して安泰とは言えず、そうなると女性もいずれは専業主婦なんて言っていられません。男性の仕事と収入が不安定な以上は、女性も仕事をすることが社会的に求められています。出生率が下がっている日本では労働人口の減少が確実なものになっているため、女性の働き手も大事です。

どの企業も、女性にとって仕事がしやすい環境をつくろうと、産休制度や、育休制度などを充実させようとしています。かつては女性が長く働くことは困難な企業が多かったようですが、最近は女性のための職場も確立されてきています。

■スキルアップは怠らずに!

英会話のおすすめの本